Panasonic(パナソニック)ディスポーザー詳細

Panasonic(パナソニック)

Panasonic(パナソニック)製
ディスポーザー修理窓口

お問合せ
【全国対応可能】
TEL:0120-078-316
【受付時間】9:00~18:00
【備考】土日祝日の受付も行っております
メール・LINEでのご相談は
24時間受付しております >>
製品番号

チェーンミル方式

  • KD-131
  • KD-132
  • KD-133
  • KD-252
修理依頼手順
① ディスポーザー本体の【製品番号】をご確認ください。
②【製品番号】と【故障内容】を弊社受付にお伝え下さい。
③ 折り返し、弊社サービスマンからご連絡いたします。
備考
パナソニック社(旧ナショナル)は自社のホームページで
『ディスポーザー事業の撤退』を発表しましたが、
現在は後継機種としてKD-133を販売しております。
パナソニック社製ディスポーザーについてお困りのユーザー様
もしくは管理業者様は弊社にご相談ください。
修理対応、取替え対応も受付させて頂いております。
パナソニック:KD-133

Panasonic製ディスポーザー特徴

Panasonic製ディスポーザー特徴1

特徴1

特徴とされております「オートクリーニング機溝」に寄る排出性向上とあります。
チェーンミル方式を採用しており噛み込みに寄るロックで動かなくなるのを低減させる目的ですが 排出性向上も噛み込み防止も『しっかり水を流し、スイッチを止めるのが早いのを失くす習慣』と言う本来の 『ディスポーザー使用方法』を行なっていく事を弊社は推奨しております。

Panasonic製ディスポーザー特徴2

特徴2

ホッパー部とプラケット部を従来の製品から材質を変更し現行製品は軽量となっております。
過去の製品の材質が重量であり、この材質の劣化で漏水が多くありました。
現在はどのメーカーも軽量であります。他社メーカーも参考とする事をお勧め致します。

Panasonic製ディスポーザー特徴3

特徴3

蓋のスイッチタイプを採用しております。世界ではこの蓋スイッチは殆ど使用されておりません。 では何故?
これは『ディスポーザーは怖い』と言う【イメージ】が先行してしまったからであります。
しかし、蓋スイッチに慣れているユーザー様も多く他社も多く蓋スイッチを採用しております。

Panasonicチェーンミル方式の「よくある修理と参考修理料金」

よくある修理

処理内部の破砕刃が経年劣化に寄り千切れると言う症状になります。
この破砕刃は2本ありますが1本の交換は致しません。
2本の交換になります。

※破砕刃の破損画像
普段は見ることは殆ど無い為『回転して動いてはいるが生ごみが処理されない』などと言う連絡を受けます。
この様な場合は『チェーンミル(処理刃)』の交換修理になります。

チェーンミル(処理刃)の刃
▲外れたチェーンミル(処理刃)の刃
処理内部
▲処理内部の様子

参考修理料金

20,000~25,000円
※料金の変動は機種に寄ります。
※劣化に寄る場合の修理料金は症状に寄って異なります。
症状の確認の為、お電話でお問合せ下さい。

パナソニック:KD-132
パナソニック:KD-132

Panasonicディスポーザー経年劣化について

Panasonicディスポーザー経年劣化1

粉砕方式がオリジナルの「チェーンミル方式」を導入し、キッチンの引き出しの引き戸を意識して高さが短い事が特徴であります。 弊社はメーカーでは無い強みにより他社のディスポーザーのメリット、デメリットを比較しユーザー様にお伝えするディスポーザー専門のメンテナンス会社です。 弊社の意見としましては高さにこだわった「チェーンミル方式」は独創的と思われますがデメリットも多く粉砕処理効率は良いとは言い難い点もあります。 旧ナショナル製品のディスポーザーも本体とフランジの接続部分の材質により劣化が始まるとこの部分から漏水を起こします。

Panasonicディスポーザー経年劣化2

旧型の製品になりますが後期のKD-131~132も同様にゴムで覆われているフランジ部分からこのように劣化に寄って漏水が発生してしまいます。 (使用材質に寄る腐食原因であります)

その他の故障について

  • ●噛み込み(本体の処理する回転盤と処理内部の壁面に異物が挟まって動かなくなる症状)
  • ●本体からの漏水
  • ●回転盤及び軸の破損

※これらの症状で修理可能な場合も御座いますが設置年数が耐久年数を超えている場合は取替えも御座います。
制御盤の取替えが必要ない場合は『緩衝ゴム及び本体部品(KD-133)』の交換で済みます。症状の確認の為、直接お問合せ下さい。