ディスポーザーの故障・修理について

故障・修理

弊社ではディスポーザーの故障点検・修理は全メーカー対応しております。
ご相談は電話・メール・ライン・SNSなど、お客様のスタイルに合わせて承ります。
些細な事でもお気軽に是非ご相談ください。

ディスポーザー
相談・点検・修理
依頼窓口

お問合せ
【全国対応可能】
TEL:0120-078-316
【受付時間】9:00~18:00
【備考】土日祝日の受付も行っております
メール・LINEでのご相談は
24時間受付しております >>
依頼手順
① ディスポーザー本体の【製品番号】をご確認ください。
②【製品番号】と【故障内容】を弊社受付にお伝え下さい。
③ 折り返し、弊社サービスマンからご連絡いたします。

対応メーカー(マンション交換)

最も多い故障原因

「故障!?慌てずにまずは...」

使用方法の重要性

ディスポーザーの故障・修理について、各メーカー機種で共通する事があります。
それは、使い方や操作方法を充分に理解しない状態で利用する事による、『ヒューマントラブル』(人的原因による故障)です。

これは【使用方法の重要性】の欠如にあります。
『何年も使用していて、今までは何もなかったのに…』と言うようなご意見を良く伺います。
私達はどこよりも多くのユーザー様の対応を行って来たからこそ、使い続けているその使用方法の間違いに多く気付かされます。

毎日、キッチンで使うディスポーザーのトラブルはとても困る事になります。
そこで重要な2点を下記に記述します。

  • ①【使用方法の間違え】が殆どの原因
     (何年も問題なかったのに?・・日常の使用ミスで起こる、人的トラブルです)
  • ②「自分で直せる故障と、そうでない場合の判断」

この2点をご理解ください。最近ではインターネットやSNSなどに寄る誤った情報も多くあります。
自己責任ではありますが、正しい対処方法は専門にご相談ください。
※排水、水道関連は甚大な被害になりかねません。ご注意ください。

自分で直せる故障の症状(全機種共通)

ヒューマントラブルを直す方法と注意点

ヒューマントラブルとは?

機械の故障などでは無く、使用者(ユーザー様)の使用ミスに寄って起こる現象を表します。
※劣化や機械故障などは修理、もしくは取替えになります。

  • 【 噛み込み 】
    → 異物の混入や使用方法でスイッチを止めるのが早い習慣から「ロック」が掛かり動かなくなる症状。
    <対応>
    → メーカーの「専用レンチ」でロックを解除します。正常に「クルクル」回れば解除されています。
    ※注意点※
    使用年数が5年を過ぎている場合、劣化に寄ってレンチで解除を行う事で「ターンテーブル」が外れて機械の取替えしか対応不可能となります。
    5年を過ぎた製品はサービス依頼をお勧め致します。
  • 【 詰まり 】
    → 排水の流れが悪い場合の原因にはディスポーザー排水口(トラップ)の場合と、その先の配管内部に寄るものに分かれます。 ディスポーザー排水口での詰りは直すのはご自分で出来ます。 方法は「ホームセンター」に売られている「ラバーカップ」を使用してください。 但し、注意点は配管接続のパッキンが劣化している場合、 もしくは訪問販売などで購入された方は設置施工に問題がありますので安易に「水圧を掛けると気付かない箇所で漏水になります! 完全な詰まりになる場合は費用も高額になります。 理由は作業内容が「ドレンクリーナーに寄る詰まり抜き」と「高圧対応の洗浄」になる為です。 業者に寄って金額も変わります。又、マンションと戸建てでも金額は変わります。 しっかり作業を行なう業者の場合は相場として5~7万位になります。 いずれにしましても大事になる前に、早めに対応下さい。
  • 【 臭い 】
    → ディスポーザーは基本的に臭いがするものではありません。 何らかの施工ミスか、使用方法によってなのか?
    一度、現調を行なって頂いた方が安心です。 もし施工ミスの場合は早めに対処しなければ甚大な被害になりまねません!
  • 【 漏水(水漏れ) 】
    → 漏水箇所にもよります。部品交換で対応可能な場合と劣化に寄る場合に分かれます。
    ディスポーザー標準装備マンション(ディスポーザー付きマンション)は最初の装備品の為、耐久年数は7年前後になります。
    (使用内容、頻度によって異なります)
    いずれにしましても内容によっては他での漏水箇所も考えられます。 早目の対処をお勧めします。
① まずはご相談ください (無料)

TEL:0120-078-316
【受付時間】9:00~18:00
【備考】土日祝日の受付も行っております
メール・LINEでのご相談は
24時間受付しております >>

1. ディスポーザー本体の【メーカー名】と【型番】をご確認ください。
2.【メーカー名】と【型番】と【故障内容】を弊社受付、または、メッセージにてお伝え下さい。
 ※不明な場合は【本体写真】と【故障内容】をLINE・メールにて送信ください。
3. 折り返し、弊社サービスマンからご連絡いたします。
② ヒアリング (無料)
  < 電話対応 >
● お客様のディスポーザーの故障状況を詳しくお伺いいたします。
● 軽度の故障だと判断ができた場合、電話サポートで解決いたします。
● ヒアリングで点検が必要だと判断された場合、
出張・訪問日程などの調整を行います。
③ 訪問点検 (無料)
● ご希望の場所・日時にて訪問後、点検・故障診断を行います。
④ 当日見積り (無料)
● 修理・交換・取り外しと判断された場合、無料で見積りを行います。
⑤ 当日修理
または、
再訪問修理
● 見積りの内容で承諾いただき、部品や本体などの条件を満たしている場合、
その場で当日施工を行います。
● 条件が揃わない場合、改めてご希望の施工日で調整を行います。